開田高原・そば処たけみ【公式サイト】

〒397-0302 長野県木曽町開田高原西野4739-2 TEL:0264-44-2019 FAX:0264-23-2467

開田高原はそばの名産地です。8~9月上旬には真っ白いそばの花が一面に咲き誇ります。

当店の蕎麦は、開田高原産のそば粉を100%使用し、「挽きたて」、「打ちたて」、「茹でたて」の三立てでお楽しみいただくこだわりの蕎麦です。

お近くにお越しの際は是非一度お立ち寄り下さい。皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

営業のご案内

営業時間:11:00~14:00迄 不定休
※お越しいただく前にお電話いただけますと確実です。

駐車場:30台 席数:40席

アクセス:国道361号沿い 高山市境まで2km
そば処たけみへのマップ

お品書き

※そばつゆは、池上椎茸園の干し椎茸を使用したこだわりのそばつゆです!

※新そばメニュー提供期間:10月~12月

※すんきそばメニュー10月~5月

※四季折々の山菜、春の山菜てんぷらも好評です!!!

木曽産そば粉の特徴と、木曽の伝統食「すんきそば」

【木曽の蕎麦の特徴】

木曽地域のそばは、冷涼で寒暖差が大きい気候条件であるため、香りの高い良質なそば粉が生産されます。

蕎麦は、日中に蓄積した栄養分を使用して夜間も生長するのですが、夜間の気温が低いとその分のエネルギーが消費されずに蕎麦の実に蓄積されおいしさが詰まった蕎麦が出来上がるといわれています。
また、昼夜の気温差はよく霧を発生させます。こうした土地に育ったそばは「霧下そば」と呼ばれ、風味豊かでうまみの凝縮された蕎麦とされています。

【木曽の伝統食すんき蕎麦】

すんきとは木曽特産のカブ菜を塩を使わずに乳酸発酵させて漬け込んだ発酵食品です。

塩を使わず植物性乳酸菌だけで作る「すんき」は全国的にも珍しく整腸作用、免疫を活性化させる健康面からも注目されています。

すんき漬けを温かいそばに入れると旨みが増すことから、「すんきそば」は木曽の冬を代表する味として親しまれています。

開田高原 情報リンク